日本救急医学会関東地方会は関東地方の救急医学の進歩発展を図り、救急医学の普及に貢献することを目的として活動しています。

新着情報

新幹事公募のお知らせ(2021.11.26更新)
2022年2月26日(土)に開催予定の幹事会にて、新幹事の審査が行われます。
審査を希望する会員のかたは、2022年1月27日(木)必着にて、新事務局あてに審査申請書類をお送りください。会員資格状況につきましてご不明な点は現事務局までご確認下さい。
申請書式はこちら

<書類提出先(新事務局)>
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1
千葉中央ツインビル2号館 7階
株式会社Smart119内
日本救急医学会関東地方会事務局(宛)
学術集会のお知らせ(2021.10.21更新)詳細
第72回日本救急医学会関東地方会学術集会・第59回救急隊員学術研究会
演題募集期間:2021年10月15日(金)〜11月15日(月)正午 29日(月)正午 ※延長されました
日 時:2022年2月26日(土)
会 場:Web開催
会 長:中田 孝明(千葉大学大学院医学研究院救急集中治療医学
テーマ:未来を切り開く
H P:https://kkc-2022.com/
参加費は、過去の実績(2021年の無料は除く)と同等に設定予定です。
第73回日本救急医学会関東地方会学術集会・第60回救急隊員学術研究会
日 時:2023年2月18日(土)
会 場:Web開催を予定
会 長:畝本 恭子(日本医科大学多摩永山病院 救命救急科
※新型コロナウイルスパンデミックが急速に終息するようであれば、実会場での開催も再考いたします。その場合の会場は多摩市近郊施設を予定しております。
幹事会のお知らせ(2021.3.26更新)
令和3(2021)年度幹事会の開催結果についてお知らせいたします。幹事の皆様方におかれましては、ご協力いただき、ありがとうございました。
【参加施設向け】SOS-KANTO 2017 Study についてのお知らせ(2021.6.17)
データ収集終了期限:2021年7月13日(火曜日)
SOS-KANTO2017研究の症例調査期間は、2019年9月から2021年3月8日までに、貴施設に入院された院外心停止症例が対象となり、3か月転帰が、最終入力項目になります。
  • 症例登録のミスや欠損値の確認をお願いいたします。
  • 登録データの修正には、登録のロック解除が必要ですので、修正をする症例のID(SID)をリストにしていただき、以下までご連絡ください。
  • また、WEB入力システムの不具合についてもシステム担当業者とSOS-KANTOの委員で情報を共有して、対応をさせていただきますので、ご連絡ください。
連絡先:sos-kanto@birdsview.jp

今後の予定:
  1. データ収集終了:2021年7月13日(火曜日)
  2. クリーニング終了:8月中
  3. 参加施設にデータ配布:9月の予定
  4. 解析開始・日本救急医学会関東地方会への抄録作成・論文作成及び投稿
【参加施設向け】SARS-CoV-2 ウイルスパンデミック下でのCPRについてのアンケートへのご回答のお願い(2021.6.17)
アンケート収集終了期限:2021年7月13日(火曜日)
以前、配布しました新型コロナウイルスパンデミック下でのCPRの変化についてのアンケートへの回答のお願いです。提出いただいた各研究もパンデミックに起因した因子に影響を受けると思いますので、各研究の考察に引用できるよう、まとめたいと思います。
アンケートに回答しやすいようにグーグルフォームを用意しました。参加施設で未回答の施設におかれましては、ご回答の程よろしくお願いいたします。
回答先:https://forms.gle/EvkDp2QJcNQSUpmx9
『日本救急医学会関東地方会雑誌』42巻2号公開のお知らせ(2021.3.31)
「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)において『日本救急医学会関東地方会雑誌』は第42巻第2号を2021年3月31日に公開いたしました。
電子ジャーナルの閲覧は下記バナーよりアクセスして下さい。

J-STAGEバナー
事務局へのお問合せについて(2020.6.24)
事務局では、新型コロナウイルス感染症への影響を考慮し、下記期間、時差出勤ならびに在宅勤務による変則的な運営を行うこととなりました。恐れ入りますが、お問い合わせにつきましては原則メールでにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

期間:3月30日(月)〜 4月3日(金) 当面の間延長

お問合せE-mailアドレス
事務担当:qq_kanto@herusu-shuppan.co.jp
編集担当:qq_kanto_edit@herusu-shuppan.co.jp

ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。
発表演題 論文ご投稿のお願い(2020.3.4)
当会では学術集会での演者の方には、『日本救急医学会関東地方会雑誌』への投稿を推奨しております。「第70回日本救急医学会関東地方会学術集会」での演者の方におかれましては、ぜひ論文のご投稿をよろしくお願いいたします。

研修医・若手看護師の方にとって論文執筆・投稿のよい機会となりますし、研究内容を論文化することで、稀少な経験や研究結果が知的財産として蓄積され、J-STAGE登載により公開されます。また、医師の方は、本学会誌に「原著論文」あるいは「症例報告」が掲載されることで、日本救急医学会救急科専門医更新の際、単位として認められるといった利点もございます(詳しくは日本救急医学会にお問い合わせください)。

投稿規定をご確認の上、書類(投稿論文、タイトルページ、利益相反申告書)を揃えて、学会事務局までお送り下さい。
ご投稿お待ちしております。

関連学会案内

臨床技術安全教育セミナー2021(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2021月12月16日(木)-17日(金)
会場:インターネット講演会
定数:500名
詳細はhttp://mspo.org/seminar/CTS2021Dec/をご覧ください。
医療安全教育セミナー2021(医療機関向け)(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2021年12月20日までのご希望の日時
会場:インターネット講演会
参加申込締切:2021年11月30日
詳細はhttp://www.iarmm.org/J/HOPSeminar2021/をご覧ください。
医薬品安全研修会2022(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2022年1月8日(土)-9日(日)午前
会場:インターネット講演会
定数:500名
詳細はhttp://www.iarmm.org/J/Drug2022/をご覧ください。
医療事故調査教育セミナー2022(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2022年1月20日(木)〜21日(金)
会場:インターネット講演会
参加申し込み締切:2022年1月17日(月)
詳細はhttp://www.iarmm.org/J/HAS2022/をご覧ください。
医療安全教育セミナー(実践編)2022(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2022年2月16日(水)〜18日(金)
会場:オンライン講演会 (Zoom使用。ご来場いただけません)
参加申し込み締切:2022年2月9日(月)
詳細はhttp://iarmm.org/J/PS2022Feb/をご覧ください。
医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修会2022 (クライシス・コミュニケーション/クライシス・ガバナンス編)(国際医療リスクマネージメント学会より)
会期:2022年3月10日(木)〜11日(金)
会場:オンライン講演会 (Zoom使用。ご来場いただけません)
参加申し込み締切:2022年2月28日(月)
詳細はhttp://iarmm.org/J/CRCA2022/をご覧ください。

更新情報

  • 新幹事公募のお知らせを掲載しました。(21.11.26)
  • 学術集会を更新しました。(21.11.22)
  • 学術集会を更新しました。(21.10.21)
  • 関連学会案内を更新しました。(21.9.21)
  • 幹事名簿、役員一覧を更新しました。手続きが遅れ、申し訳ございませんでした。(21.9.10)
  • 関連学会案内を更新しました。(21.6.28)
  • SOS-KANTOについての案内を掲載・更新、関連学会案内を更新しました。(21.6.17)
  • 関連学会案内を更新しました。(21.6.17)
  • 関連学会案内を更新しました。(21.5.19)
  • 関東SMAQ第4回オンライン企画 【今だから知りたい救急医ことはじめ】のご案内を掲載しました。(21.5.6)
  • 学術集会を更新しました。(21.4.1)
  • 42巻2号をJ-STAGEで公開開始いたしました。(21.3.31)
  • 2021年度幹事会の結果状を掲載しました。(21.3.26)
  • 2021年度幹事会について掲載しました。学術集会の案内を更新しました。(21.3.9)
  • 関連学会案内を更新しました。(21.2.25)
  • 第71回日本救急医学会関東地方会 第58回救急隊員学術研究会 開催中止について掲示しました。(21.1.12)

過去の更新情報はこちら